ニュース一覧

自分の好みに合うか確認を

コーヒー

選ぶ際の注意点とは

現在の日本では、コーヒーを提供するのに特別な資格は不要です。大手コーヒーチェーン店では入りたてのバイトもコーヒーの専門家であるバリスタの名前を名乗りますし、カフェを開くのにもコーヒーの資格どころか専門的な知識すら必要ありません。ですが、近年はコーヒーに関する資格をとる人が増えてきています。趣味の一環としてとる人もいますが、カフェへの就職やカフェ経営に役立てたいという目的でとる人もいます。そうしたニーズに答えるように、様々な資格や講座が登場してきています。目的が何であれ、資格をとろうとしたらそれが自分に合っている資格なのかを考えましょう。一口に資格といっても、その講座や勉強の中で学べることは様々です。コーヒーの味の違いや香りの違いについて極めるものもありますし、フードやアルコール類などその他の飲み物全般についても学ぶものもあります。自分は何が目的でとろうとするのかをよく考えるとよいでしょう。フードが学びたいのであればそのための学校や講座、教室などは数多くあるのでそちらの方がよいかもしれません。自分に向いているか考えるためにも、その資格についてしっかりと調べてから目指すとよいでしょう。どのような人が取得しているのか、通信講座なのか実技があるのか、質問する制度は整っているか、口コミはどうかなど多角的に調べて向き不向きを判断する必要があります。きちんと調べることで理解も深まり、取得の際のモチベーションも高まります。

Copyright© 2017 コーヒーの資格を取ろう|楽しく働きたいなら必読 All Rights Reserved.