目的に合わせて変えよう

店舗

コーヒーに関する資格は民間で複数存在しており、趣味を極めるタイプと、カフェを開ける範囲にわかれています。目的に合わせて利用するスクールは異なるといわれている為、自分で何をやりたいのかによって通う場所を決めましょう。

詳しく見る

人気記事

ニュース一覧

香りと味を楽しむ

コーヒー

コーヒーの資格が人気なのは、種類が多く自分の目標にあったことが学べるからです。日々の生活の中でより味わい深いコーヒーを入れるために学ぶ人には、基礎的な知識が詰まった資格があります。また職業にしたいと考える人には、難易度が高く専門的に学べる資格があります。

詳しく見る

種類や予算

バリスタ

コーヒーの資格にはいろいろな種類があります。そのなかで最もポピュラーな検定試験を取得するには、初心者向けの2級で約4万円、上級者向きの1級で約5万円の費用がかかります。2級はコーヒー愛好者が多く受験しますが、1級はコーヒー業界で働く受験者が多いのが特徴です。

詳しく見る

バリスタになるには

男性と女性

バリスタやコーヒーマイスターの資格を得るには、資格認定をしているスクールを受講して試験を受ける必要があります。受験の申し込みは、専用フォームに必要事項を記入して送信するだけとなっています。ただし、受験資格などが設けられていますので、確認したうえで申し込みましょう。

詳しく見る

自分の好みに合うか確認を

コーヒー

コーヒーを提供するのに日本では特に資格も知識も不要ですが、近年は資格をとる人が増えています。趣味や仕事など目的は様々ですが、なぜ自分がとりたいのかをきちんと考えてとることが大切です。そのためには資格の内容や口コミなどを調べるのが重要です。

詳しく見る

仕事にも趣味にも役立つ

男の人

取得するなら

コーヒーの資格には民間団体が主催するさまざまなものがありますが、必ず取得しなければいけない公的なものはありません。何の資格もなくても、カフェでコーヒーを淹れたりバリスタを名乗ったりすることは可能です。しかし、資格取得を目指して学ぶことで、より深く知識や技量を身に着けることができます。それはカフェで働いている場合は仕事の役に立ちますし、趣味としてもよりコーヒーを楽しむことができるようになるでしょう。数ある資格の中で取得するなら、おすすめは日本スペシャルティコーヒー協会のコーヒーマイスターです。協会主催のコーヒーマイスター養成講座を修了し、認定試験に合格すると認定を受けられます。養成講座は自宅学習をベースに、実技講習会を1回受講するというもので、勉強期間は3か月となります。自宅学習用の専用テキストで講座で学ぶ範囲は、コーヒーの歴史から豆の産地や生豆の見分け方、生産国の情報などの知識と、美味しく入れるためのテクニックや保存法などの技術まで多岐にわたります。通学形式ではないため、自分のペースでじっくりと学べることが利点です。なお、資格取得後は3年ごとに講座を受講して、更新する必要があります。常に勉強し鮮度の高い知識を保つことが求められます。認定後は、上級資格としてアドバンスド・コーヒーマイスターがあります。こちらは取得している人が全国でも300人もいない希少な資格です。コーヒーを極めたければぜひとも取得しておきたいところでしょう。

Copyright© 2017 コーヒーの資格を取ろう|楽しく働きたいなら必読 All Rights Reserved.